新入社員の成長戦略を立てる

社員教育も仕事の一つ

新入社員を迎え入れる際最初に行うことと言えば新入社員の社員教育ではないでしょうか。ビジネスマナーや会社の理念に対する理解などこれから会社の一員となる上で大切なことを伝える場でもあります。そんな社員教育でこれから新入社員に成長してもらうにはどのようなことを伝えればいいのでしょうか。研修を行う際に気をつけてほしいことは、新入社員にとって新しく始まるビジネスライフは学生生活とは全く違う環境に立たされるということ。緊張のあまり最初は自分の力を発揮することができないかもしれません。そんな時にフォローを怠ると一気にやる気を無くしモチベーションを下げてしまうことになります。新入社員を育てることも仕事の一つとみて、これからの期待を込める気持ちで全力でフォローしてあげられると良いでしょう。

新入社員もいつかは会社の鏡に

新入社員研修で教えることはたくさんありますが、何を一番重視すると良いのでしょうか。それはこれから新入社員たちにいずれは会社の鏡になるということを伝えることです。最初は社内だけの活動で先輩の後ろ姿を追う立場ですが、段々と社外にも顔を出すようになり会社の顔となる日が来ることを伝えることが大切ではないでしょうか。期待をし過ぎるのは返ってプレッシャーになってしまいますが、励ますことや君ならできるということを伝えてあげることで新入社員のモチベーションを上げることができ一社員として成長していくことができるかと思います。会社の中で君は大事な存在なのだということを伝え、やる気を出させてあげることが新入社員が成長する一番効果的な方法ではないのでしょうか。